ウォークロニクルやっと勝てた。

11/4  鹿戸厩舎
4日の福島競馬では追走にやや苦労して最後方からになる。直線は外へ出して馬と馬の間を抜けると一気に加速して突き抜け優勝。「先週のことを頭に入れて臨みましたが、馬場入りの段階で昂っていて危うくぶつかりそうになるくらいの格好になってしまいました。気が入っていたので落ち着かせてレースへ向かったのですが、ゲート内では若干ソワソワするくらいでした。スタートがどうこうよりも開幕週の1200mで忙しかったですね。内がいいことはわかっているのですが、外に行くしかないと思って導き、進路が開けてからは一気でしたね。理想はもう少しゆとりのある距離ですが、今日はよく勝ってくれました。ありがとうございました」(北村宏騎手)「使うからには良い競馬をしないといけないというプレッシャーがありましたのでホッとしました。皆様にはここまでお時間をいただいていたので本当に嬉しいです。おめでとうございました。そしてありがとうございました。普段は以前より良いのですが、それでも気持ちが入るようになっていて最近は特に気を配らなければいけません。先週はレース前に上手くいかなくなったのですが、今日も危なかったですね。人が跨ってから気持ちが昂って芝コースへ向かう時に跨ぐダートのところで変な格好をしてラチにぶつかりそうになったり、人をひきそうになったりしていました…。北村が構えて乗ってくれた分だけ今日はまだ良かったですが、この後も気をつけないと先週のようなアクシデントを引き起こすことになりかねないので注意しておきます。レースの内容はすごかったでしょうが、とにかくホッとした気持ちのほうが大きかったですね(苦笑)。これからは1000万下クラスになりますが、この後もなんとか良い競馬をさせられるようにしていきます。この後は切り替えるためにそのまま放牧に出す予定にしていて、またすぐに次へ行くか、少し間を取ってからにするか天栄での状態を見ながら相談していきます」(鹿戸師)具合が良いだけに先週のアクシデントは悔しく思っていましたが、その思いを今日のレースで晴らすことができて嬉しい限りですし、今日は久々の勝利の美酒を楽しみたいところです。しかし、人が跨ってからの気持ちの高揚を見ると両手をあげて喜んでばかりもいられませんから、関係各所で密に連携を取りながら引き続き慎重に接していければと考えています。精神面の切り替えが必要と考え、また、輸送のロスをなくすためにこの後の状態をしっかりと確認したうえで競馬場から直接NF天栄へ放牧に出す予定です。放牧先の状態をよく確認してから今後の方針を決めていきます。


*ビックリする勝ち方でした
 ようやくの中央初勝利。引退まで時間がないのが残念です。
スポンサーサイト

出走!!

サフィロス
11/2  手塚厩舎
1日は美浦南Wコースで追い切りました(52秒5-38秒3-12秒6)。2日は軽めの調整を行いました。「金曜日の競馬になるので調整方法をどうするか考えた結果、全休日明けよりは週末と週中2回に分けて乗ることを選びました。それで先週末にある程度しっかりとやっておいて、昨日水曜日にコースでサッとやるように考えていたんです。気がいい分だけ少し時計は速くなったものの、この馬なりのリズムで走れていましたから問題ないと見ています。念のため今朝の状態もよく確認していますが、変わりないので予定通り今週の競馬へ向かえます。傾斜の少ない1200m戦は良い条件のはずですし、息がいくらか楽になったこともありますので何とかここで頑張ってほしいですね」(手塚師)3日の福島競馬(河北新報杯・芝1200m)に石橋騎手で出走いたします。

*3年前の輝きを取り戻して欲しいですね

ウォークロニクル
11/1  鹿戸厩舎
1日は美浦坂路で15-14を行いました(57秒4-42秒5-28秒6-14秒5)。「先週はご迷惑をおかけいたしました。馬場が悪い中で、ミルコも馬に引っ掛けられてバタバタしてしまったのだと思うんです。それで制御している時のはずみで左前脚を他の脚でぶつけたかで気にしたようでした。結果、打撲という診断だったので、水曜日に再診断を受けて問題なければ今週の競馬も考えるつもりでした。その結果、脚元は特に問題なく、元気一杯。ちょっとうるさいくらいでさっそく乗っていた程だったのですが、これで使わない方がよっぽど良くないかなと思ったので、今週の競馬を改めて考えるつもりで調整をしていました。ただ、そういうテンションのせいか現時点でも体は競馬の時と同じくらいで、この後のことを考えるとあまり強い調教はやれないなと思い今朝は15-15くらいで動かすことにしたんです。競馬は福島の牝馬限定戦の1200mを考えることにして、ちょうど宏司が福島に行くということだったので宏司に頼み、稽古にも乗ってもらってサッと汗を流してもらいました。先週はさすがに悔しい思いをしましたし、ここはこれまでのもどかしさを含めて、そのモヤモヤを晴らしてくれるような良い競馬を期待したいですね」(鹿戸師)4日の福島競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝1200m)に北村宏騎手で出走いたします。

*先週のミルコは返し馬しか乗ってくれませんでした・・・
 大雨の中馬運車を待つウォークロニクル
1010426.jpg
1010431.jpg

出走!!

ウォークロニクル
10/26  鹿戸厩舎
29日の東京競馬(3歳上500万下・芝1400m)にM.デムーロ騎手で出走いたします。

10/25  鹿戸厩舎
25日は美浦南Wコースで追い切りました(41秒5-13秒3)。「先週1週間の様子を慎重に見ていましたが、良い意味で変わりはなかったですね。イレ込まないか心配していたのですが、落ち着いていて、普段もチャカチャカしすぎることはなくゆったりと歩けていました。これならば続戦できるのではないかと思え、今週の競馬へ向かえるように今朝追い切りを行っています。前走へ向かう時点である程度できていましたから今週はそこまでハードに追い切る必要はなく、維持するイメージでサッと動かしました。3コーナーから入って3ハロン41秒前後くらいで終いを無理なく伸ばすようにという指示で、ほぼ思惑通りの調教ができていましたよ。今回は中1週というスケジュールもさることながら本場での、しかも府中コースでの1400m戦ですから、より厳しい戦いを強いられます。裏を返せばここでそれなりに頑張れば今後においての自信にもなりますから、何とか頑張ってほしいですね。G1の日ということもあり、今回の鞍上はミルコにお願いをすることにしました」(鹿戸師)29日の東京競馬(3歳上500万下・芝1400m)にM.デムーロ騎手で出走を予定しています。

*ビックリするくらいの上位騎手が乗ってくれます。
 引退まで半年。中央で一回勝って欲しいですね。

カラドゥラ
10/26  斎藤誠厩舎
29日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)に井上騎手で出走いたします。

10/25  斎藤誠厩舎
25日は美浦南Wコースで追い切りました(51秒9-38秒7-13秒8)。「先週の追い切りは馬場の重たさが目立っていたので、非力さのある現状ではちょっと辛くなり最後に時計はかかってしまいましたが、馬は一生懸命に走ってくれていました。それによって堪えなければという心配をしていたのですが、馬自身が乗り越えてくれて段々と動けるようになってきていますよ。弱さ、非力さはありますが、長い目で見て力をつけていってあげられればと思う馬です。若いうちは特に条件を選んであげたいと思うので、入厩後短い期間ではあるものの新潟の平坦コースを狙いたいと思い今週の競馬を目指すことにしました。また、少しでもいいので利点を増やしてあげたいと思い減量騎手の起用についてクラブと相談をして、ウチの厩舎の調教をよく手伝ってくれている井上ジョッキーで行かせていただくことになりました。そして今回彼に追い切りで跨ってもらったんです。ウッドチップコースで終いを伸ばすような内容をリクエストしたところ、先週よりも余力があり、最後までしっかりと動けていました。初戦から強気なことは言えないかもしれませんが、どれだけの走りを見せてくれるか期待して見守りたいですね」(斎藤誠師)29日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)に井上騎手で出走を予定しています。

*第3場。減量騎手。あまり期待はされていないみたいです。
 評価を覆す走りを見せて欲しいです。

16頭目

2017-29-dr.jpg

ドルチェリモーネの16 牝
父ノヴェリスト×母ドルチェリモーネ 母父:サンデーサイレンス
関東 武井 亮 厩舎 生産:白老ファーム

1次で最優先一頭しか取れず2次で申し込みました。
姉のスコルツェッテにも出資していましたが未勝利引退でした
妹はどうでしょうか?


9/29  NF空港
馬体重:438kg 
NF空港へ移動するまでは順調に夜間放牧を行っていました。現在は鞍を付けてのウォーキングマシン運動を中心とした初期馴致を行っています。まとまりが良く頑健な骨格に、強靭な筋肉が全身についている、芯がしっかり通った力感あふれる馬体の持ち主です。放牧地で見せていた回転の早いフットワークに豊かなスピード能力が窺えます。気性は前向きで好奇心旺盛なことから今後の調教もスムーズにこなせるのではと見ており、早期デビューからの活躍に期待したい1頭です。

9/15  NF空港
15日にNF空港へ移動しました。

8/24  早来F
馬体重:458kg 体高:152.5cm 胸囲:172.0cm 管囲:19.2cm 

15頭目

2017-51-vm.jpg

ヴィートマルシェの16 牝
父オルフェーヴル×母ヴィートマルシェ 母父:フレンチデピュティ
関西 矢作 芳人 厩舎 生産:ノーザンファーム

実績ある厩舎の所属馬が欲しかったで今年の最優先で申し込みました。
兄姉を超える活躍をしキョウエイマーチの血を繋いでいって欲しいです。


9/29  NF空港
馬体重:464kg 
NF空港へ移動するまでは順調に夜間放牧を行っていました。現在は鞍を付けてのウォーキングマシン運動を中心とした初期馴致を行っています。精神的な落ち着きがあり、非常に扱いやすい馬です。馬体は骨量、筋肉量ともに申し分なく、脚元の不安要素も今のところありません。放牧地では良い動きを見せており、牧草をしっかり食べていたことで立派な腹袋を有しています。

9/11  NF空港
8日にNF空港へ移動しました。

8/24  NFY
馬体重:458kg 体高:156.5cm 胸囲:180.5cm 管囲:20.0cm 
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター