スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休止

2歳馬デビューまでお休み中
余りに出走回数が少なすぎて・・・
スポンサーサイト

2歳馬更新

カラドゥラ
3/31  NF早来
この中間にリフレッシュ期間を設けましたが、いい休養になったようで馬体をふっくら見せています。現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20~22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。乗り込む毎に着実に良化していく感触を得ていますが、トモの踏み込みにいっそう力強さが増してくればさらにワンランク上の走りを実現させることが出来るでしょう。理想の走りに近付けていくためにも今は基礎をしっかり築きながら進めていきます。

ラプトレックス
3/31  社台F
右前肢球節の捻挫により運動を制限していましたが、その後の経過は良好で、この中間から騎乗運動を再開することができています。現在は、トレッドミルと周回ウッドコースでのキャンター調整を主体としたメニューを課しています。また、直線坂路コースに入ってハロン16秒程度でのキャンター走行を行ってみたところ、及第点を与えられる動きを見せてくれたことから、近日中に休養前の調教ペースに戻すことができると見ています。ただ、休養を取り入れた直後ですので、日によっては常歩のみの乗り運動でじっくり身体をほぐしたりと強弱をつけつつ、再度状態を上向かせていくよう焦らず対応していきたいと考えています。右前肢球節に見られた腫れは治まり、ここまで段階をおって調教ペースを上げてきても影響が出ることはありませんが、念のため調教後の水冷・アイシングといった冷却治療は徹底して継続していきます。

クルスブランカ
3/31  NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本登坂しています。カイバをしっかり食べることができていますし、脚元等の不安もなく健康そのものです。脚の長い馬なので、無駄な力みを取ることで大きな動きが可能になるように調整を進めていければと考えています。

*ラプトレックスのペースも戻ってきたようです。3頭の進みはバラバラですねぇ。

在厩馬

ウォークロニクル
3/29  鹿戸厩舎
29日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒3-53秒1-39秒7-13秒5)。「調整をスタートしてから変にうるさくなったり、脚元の状態が不安定だったりすると気を遣いますが、現時点ではそれらの状況は悪くないので順調なスタートを切れていると言えるでしょう。今朝は追い切りにしました。所属の初也を背にして2頭併せの追い切りをウッドチップコースで行ったのですが、前が3歳馬なのですけれど結構動ける馬で、その馬を見ながら追走し、直線で並びかけていくようにしました。結構前半から良いペースで走っていたのですが、2頭ともしっかりとした脚取りで駆けていましたね。最後は無理をさせなかったのもあるのですが、集中して走りきれていましたので良い追い切りができたと思います。このまま本数を重ねていき、そしてタイミングを見てゲートの確認も入れてレースへ向かっていきます」(鹿戸師)

*福島で復帰予定です。一度でいいので中央でも勝って欲しい。

サフィロス
3/30  美浦TC
入院馬房で舎飼休養中です。「体調をよく確認し、コンディションの良い時を選んだうえで先週末にオペを行うことにしました。診断としては喘鳴症となりますが、一般的な披裂軟骨を釣り上げて気道を確保するものではなく、腫れた部分を切除して呼吸をしやすくする処置を施しました。レーザーメスを使ってその部分を切除したのですが、無事に終えることができ、術後の経過も良好ですよ。現在はそのまま入院馬房で静養にしているものの、体調も安定していますし、馬は変わらず元気にしています。この後も順調であればあと1週間ちょっとくらいで退院することができそうとのことです。しっかり体調を整えてから今後に備えていければと思っています」(手塚師)

*息苦しさが解消して走りが良くなると良いですね。復活を期待しています。

休養馬

サンラファエル
3/28  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「これまでは膝の状態に波があって歩様が大丈夫な時、不安に思う時が入り混じってあったのですが、今週は安定している方ですね。それで乗ることも混ぜつつトレッドミル中心で動かすようにしています。レース後の状態からも慌てても良くないでしょうし、動かしていくにしても慎重にしっかりと見極めながら行っていきます。馬体重は507キロです」(天栄担当者)

サンタテレサ
3/28  NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「ここまで軽く動かしつつ馬体のチェックを行っていましたが、特に異常は認められなかったのでこの中間から乗り出しています。体調面も特に問題なさそうですが、まずは周回コース中心のフラットワークでじっくりと体を解しながらリフレッシュさせていきたいですね。馬体重は508キロです」(NFしがらき担当者)

*両馬とも特に進展はなさそうです。早く戻ってきて欲しいですね。

在厩馬

ウォークロニクル
3/23  鹿戸厩舎
23日に美浦トレセンへ帰厩しました。「天栄での状況と出馬状況を照らし合わせて、目標を福島開催に置きましょうという話をさせていただいていました。中京開催から使いたいという気持ちもあったのですが、小倉開催明けの中京となり、出馬状況が読みにくく混み合う可能性も考えられました。精神的にも脚元のことを考えても競馬までの調整期間がダラダラと長引いてしまうのは決して良いタイプではないと思いましたので、節的にまず大丈夫であろうと思える福島を目標とさせていただいたんです。ただ、少し間が空くことにはなるので、今回はいつもよりも少しだけ時間をかけて仕上げていければと思っていたので、今週入厩させていただくことにしました。結果的にすぐ仕上がったということになれば開幕週から考えるかもしれませんが、そのあたりは柔軟に判断していくつもりです。よろしくお願いいたします」(鹿戸師)

3/21  NF天栄
トレッドミル調整を行い、日によっては周回コースでハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「引き続きこの馬のポイントとなる部分をよく観察しながら調整を行っていますけれど、今のところは悪くないのかなと思える状況です。福島開催を狙っていこうとするとそろそろ移動の話も出てくるかもしれませんから、移動のことも頭に入れながらしっかり進めていきます」(天栄担当者)

*残り1年あと何戦してくれるでしょうか?

サフィロス
3/22  手塚厩舎
22日は軽めの調整を行いました。「この1週間体調を整えることに専念していましたが、コンディションにおいては特に大きな問題はありませんでした。今後改めて診療所にてチェックをしていくことになりますけれど、気道を狭くしている部分を切除しないと走る際にまた息苦しくなりますから、それを除去する手術を行う方向で考えていくことになります。今日から診療所に入院をして体調管理を行い、タイミングを見て手術を行う予定です」(手塚師)

*脚に続いて喉も手術です。
 去年の11月ごろに喉不安のコメントがありますが天栄担当者は長期休養の影響と話していました。
 ちゃんと見てくれていなかったという事でしょうか
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。